MENU

今年(2021~2022)の冬は寒い?それとも暖冬か?

12月に入り、どんどん寒くなってきましたね。

ただ毎年思うのですが、去年ってもっと暖かくなかったっけ?

なんて思う事もありますよね

あれ、寒かった?なんて感じる人も多いのじゃないでしょうか?

さっそく答えをいうとはラニーニャ現象も発令されており、寒くなると予想されているようです。

なんでも雪国は、いつもより積雪量が多くなると見込まれており、備えも万全にしておきたいところですね。

では、2021~2022年の冬はどうして例年より寒くなるのか?それとも暖冬なのか?積雪予想なども調査していきましょう。

目次

2021~2022の冬はり寒いか?

12月に入り、本格的に寒さが訪れました。個人的所見では、例年より寒い気がしますね。

温暖化が叫ばれているのに寒さを感じます。

ただそれは私が思っているだけ?なんて気もします。

実際に気象庁や日本気象協会から、冬の気象予報が発表されているので見ていきましょう。

こちら日本気象協会が発表している冬(12月〜2月)の予報です。

北日本以外は、いつもの気温より低い予報が40%を超えているので、これは例年より寒そうですね。

また2021年11月は例年より暖かったらしく、その影響もあり寒く感じるのでしょう。

ラニーニャ現象とは

また寒さの原因とされるラニーニャ現象とはなんでしょうか?

海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象です。

反対の現象をエルニーニョ現象といい、それぞれ数年おきに発生しているそうです。

もちろん、日本だけではなく、世界中で天候異常を起こす原因となっております。

さいごに

温暖化とは関係なく、ラニーニャ現象とエルニーニョ現象の影響で数年お気に暖冬と寒さの強い冬がくるんですね。

で、今年2021~2022年は、寒さの強い冬になりそうです。

たしかに冷えますよね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる